ADOLOGI(アドロジ)の評判は良い?悪い?独自開発した話題のNASについても紹介

ここ数年、働き方改革が進み本業に加え副業をはじめる人が増えてきました。
企業側も従業員の副業を認めるなど、以前に比べると働き方の多様化が進んでいます。

副業に注目が集まる中、株式会社ADOLOGI(アドロジ)が大きな注目を集めています。
理由として、ADOLOGI(アドロジ)の評判が良いとされている独自開発した「売らないネットショップ」が好評で、これまでネットショップ運営で必要だった膨大な作業量や時間、リスクなどを全て取り除き、効率よく収益をつくることができる新時代のシステムです。

本記事では、株式会社ADOLOGI(アドロジ)の会社概要、事業内容、口コミ、ADOLOGI(アドロジ)の評判の良いシステムについてご紹介します。

・ADOLOGI(アドロジ)ってどんな会社?
・ADOLOGI(アドロジ)の評判や口コミが気になる
・ADOLOGI(アドロジ)が開発したNASはどんなシステム?稼げるの?
・ADOLOGI(アドロジ)の評判を社員に聞いてみた!

気になる方はぜひチェックしてください!

あわせて読みたい
ADOLOGI(アドロジ)の評判を掲示板風にまとめてみた・口コミ大募集 ※当コンテンツは、広告、プロモーションが含まれます。
目次

ADOLOGI(アドロジ)の評判から紐解くネットショップ成功のカギ

ネットショップ運営とは、インターネット上で商品を売買できるサイトの運営を指します。ネットショップの運営にはサイト作成や商品リサーチ、ペルソナ設定、集客のための施策考案や受注作業に伴う梱包・発送作業など顧客に商品を届けるまでの作業が必要不可欠です。

大きく分けて「①サイト作成・管理」「②商品リサーチ・企画・管理」「③梱包・発送作業」の3つに作業が分かれます。

①サイト作成・管理

商品を販売するためのサイトが必要になるため、まずはサイトの作成が必要になります。
サイトのコンセプト、ターゲット設定、名前、ドメイン取得、デザインなどサイト一つ作るだけでも多くのことを考えなければなりません。

また、サイトを作成したあとも、商品購入までの導線やサイトが見やすいかなど継続して管理を行っていく必要があります。

②商品リサーチ・企画・管理

ネットショップで販売する商品のリサーチや、商品説明・価格設定などを行います。

ネットショップ運営で利益を出すには、商品が売れることが前提。サイトのコンセプトに商品が合っているか、ユーザーの需要に合っているか、原価率や利益率なども計算しなければなりません。

他にも、集客のためのキャンペーンを考えたり、クーポンやタイムセールの企画、メルマガの配信など顧客がリピーターになってくれるような企画も必要です。

③梱包・発送作業

注文を受けた商品の梱包から発送までを行う業務です。

どんな梱包にするか、メッセージカードや納品書、送料の設定なども関わってきます。また、商品が売れれば売れるほど梱包作業が必要になるため発送時期や在庫管理、時間配分なども考慮していく必要があります。

上記のようにネットショップ運営には膨大な作業時間が必要になります。さらに在庫を抱えるリスクもあるため、簡単で誰でもできるビジネスではありますが、続けていくための根気も必要です。

そんなネットショップ運営のデメリットとリスクを取り除き、売らないネットショップシステムとして生まれたのがADOLOGI(アドロジ)が独自開発した「NAS」です。

ADOLOGI(アドロジ)の評判が上がったネットショップ運営のためのシステムとは?

NASは1日30分から取り組めるECサイト運営の補助システム。
これまで必要だった作業時間を大幅にカットし、在庫を抱えるリスクをなくすことに成功しました。

ここからはこのシステムについてお話します。

①商品の自動登録

システムを用いることにより、アメリカのECサイトから情報を抽出。日本ECサイト最大3万点まで商品の自動登録が可能になります。

また、システムが自動で登録してくれる商品数が膨大なので、1つの商品を売る努力を熱心にするのではなく、数万点以上の商品から成約される商品を掘り起こす作業になります。

30商品のうち1日1商品、30000商品に換算すると年間100商品ほどを販売するための出品作業になりますので「商品数が多いと大変なのでは?」という不安も心配いりません。

②自動在庫管理および価格改定

登録が完了すれば、自動的に出品がはじまり、あとは商品が売れるのを待つだけです。

基本的に単価の高い商品を販売していくため、成約数を追うのではなく、数日に1件売れればしっかり収益が出る仕組みとなっています。

ADOLOGI(アドロジ)では「ロングテール戦略」を取り入れており、売れ筋商品だけを販売するのではなく、需要の少ないニッチな製品も取り扱い、販売利益を増やすための方法です。

売れ筋商品やトレンド商品は、販売すれば多く売れますが、トレンドを過ぎてしまうと一気に売上が下がってしまいます。そのため、トレンド商品のみの販売だと小まめな商品リサーチやマーケティングが必要になります。

他にも、競合と争う確率が上がってしまい、戦略負けしてしまう恐れも。
つまり、トレンド商品を取り扱うのは、長い目でみた時にあまり推奨できない方法なのです。

そのため、ADOLOGI(アドロジ)ではトレンド商品ではなく、ニッチな商品かつずっと生き残れる商品を数多く出品し、長く続く需要にアプローチを掛ける方法「ロングテール戦略」を取り入れています。

ロングテール戦略は、商品数が多い「NAS」との相性がとても良く、ひとつ一つが成約しやすい確実に収益を積み上げられる仕組みです。

③自動で売れた商品をお取り寄せ

出典|ADOLOGI(アドロジ)公式サイト

商品が売れた後は、取り寄せをするだけ。取り寄せ作業は手動になりますが、数日の1回の作業なので利用者に負担はなく、商品が売れてから購入者に送るため、在庫を抱えるリスクがないのです。

NAS利用者からの口コミ

実際にNAS利用者へインタビューを実施した動画がYouTubeにアップされています。

専業主婦で隙間時間に自宅でできたこと、商品取り寄せの際に溜まったマイルで旅行にもいけたと話しています。
・好きなタイミングでできる
・専業主婦だけど自分で稼いだという自信がついた

飲食店を経営していたが、コロナにより売り上げが低下。
今後、こういったことで収入が左右されないようにADOLOGIを選択したそうです。
・好きなタイミングで気楽にできる
・年商約500万円
・金銭面も心も余裕ができた

他にもインタビューが掲載されています。導入したキッカケや実際につかってみた感想、失敗談、1日の作業時間、売り上げなどこれから導入を考えている方、ADOLOGIが気になっている方にとっては気になる情報が満載です。色々な事例を見ておきましょう。

株式会社ADOLOGI(アドロジ)の企業情報

ADOLOGI(アドロジ)の会社概要

まずは、株式会社ADOLOGI(アドロジ)の会社概要、事業内容について紹介します。

会社名株式会社ADOLIGI(ADOLOGIInc)
所在地〒105-0012東京都港区芝大門1-3-8 VORT芝大門Ⅱ 5階
代表者名代表取締役 栗原政史
設立平成27年10月27日
電話番号03-5244-9650
事業内容輸出入を伴う通信販売、輸出入・通信販売コンサルティング、広報・PR支援サポート、システム開発

ADOLOGI(アドロジ)の事業内容

物販システム事業
ネットショップ運営の補助システムをADOLOGI(アドロジ)が独自開発し、運営。従来、ショッピングサイトの運営には膨大な手間と時間が必要となっていました。しかし、「1日30分から取り組むことができる」「在庫のリスクを抱える必要がなくなった」と、誰でも簡単にネットショップ運営が行えるようになりました。このシステムが瞬く間に話題となり、ADOLOGI(アドロジ)も注目を集めるようになりました。

物販事業
ネットショップの補助システムだけでなく、ADOLOGI(アドロジ)は実際にネットショップの運営を行っています。利用者のニーズに応えられるように様々な商品を販売しています。物販事業では、商品の企画・開発から行い、国内外から仕入れた数千点以上の商品を取り揃えており、豊富な種類によるラインナップを展開しています。また、ADOLOGI(アドロジ)ブランドのOEM商品も取り扱っています。

広報、PR支援事業
中小企業や個人事業主の方へ向けた広報・PR支援事業を実施しています。限られた予算を通して、TV・雑誌・新聞などへメディア出演できるよう、取材獲得の支援をしています。商工会議所などでの講演会支援も行っています。ADOLOGI(アドロジ)も多数のメディアに出演しており、そのノウハウが活かされています。

ADOLOGI(アドロジ)の各種SNS

株式会社ADOLOGI(アドロジ)は、各種SNSの発信も積極的に行っています。

  • LinkedIn
    Linkedlnでは、ADOLOGI(アドロジ)の代表取締役を務める栗原政史のプロフィールを閲覧することができます。代表取締役は会社の将来を左右する重要な舵取り役を担うポジションなため、株式会社ADOLOGI(アドロジ)へ入職や転職を希望する方は、人となりや人物像を把握するようにしましょう。
  • Instagram
    株式会社ADOLOGI(アドロジ)の会社理念や価値観、事業内容、メディア出演情報などADOLOGI(アドロジ)について様々な情報を得ることができます。それ以外にも「どんな人がネットショップ運営に向いているか」「ADOLOGI(アドロジ)が取り入れている安定的な売上を目指すロングテール戦略について」など稼ぐことについての情報も発信しています。
  • Facebook
    「会社の評価って何で決まるの?」「下の名前で呼ぶのセクハラでは?」「新卒入社1カ月でもう辞めたい私ってダメ人間?」など新卒や新人に向けた情報発信が主な内容となっています。YouTubeやTwitterなどの発信とは一味違う、親しみやすくADOLOGI(アドロジ)を楽しめる内容となっています。
  • Twitter
    主にADOLOGI(アドロジ)が定期的に更新しているブログの情報をいち早く届けています。ブログ情報以外にもAdologiの運営情報やネットショップ運営の補助システムでを利用したお客様のインタビュー動画もUPしています。
  • YouTube
    NASを利用したことがある方のインタビュー動画、ADOLOGI(アドロジ)の社内風景、テレビ出演時の様子について動画をUPしています。実際にADOLOGI(アドロジ)のシステムを利用してネットショップの運営をはじめた方の声を聞くことができるため、今後システムを使いたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
  • TikTok
    NASを利用したことがある方のインタビュー動画がUPされています。YouTubeのショート動画版です。スマホでさくさく気軽にみれるので、隙間時間に覗いてみてください。

ADOLOGI(アドロジ)の評判の高い価値観とは?

足すを知るという考え方

ADOLOGI(アドロジ)では「足すを知る」という考え方を大切にしています。

自分と他人を比較し「自分の方が劣っている」と思ってしまうことが多いですが、そうではなく、これまでの自分の経験・スキル・実績・今持っているできることを誇りに思い前に進んでいこうという生き方です。

そうすることで、自身でできることが最大限に発揮できると同時にさらなる成長へ繋がるのです。

ADOLOGI(アドロジ)は「ひとつの失敗は単なる失敗ではなく、成功へとつながる第1歩である」と考え、成功も失敗も全て立派なチャレンジ。諦めてしまっては何も得られないので、失敗してもそこで落ち込むのではなく「成功」という結果にこだわり追い続け、チャレンジする姿勢を持つことを大切にしています。

さらにADOLOGI(アドロジ)では、この考えにプラスして6つの価値観を大切にしています。

ADOLOGI(アドロジ)の価値観

ADOLOGI(アドロジ)では次の6つの価値観を大切にし、日々事業に取り組んでいます。

①創造性と革新性
常に未来を見据えて、チャレンジ精神と遊び心を忘れないこと、世の中に価値ある商品・サービスを常に提供し続け、次世代へと語り継がれる成長を目指します。

②ワークライフバランス
様々な地域で色々な体験を得ることを大切にしています。ADOLOGI(アドロジ)では、スタッフが仕事だけでなくプライベートとしても自由に休みを取得でき、会社支給のフライトチケットで日本全国へ旅行に行っています。そこで得た感動や価値観を仕事に活かすことで、さらなる飛躍へと繋げて行きます。

③健康第一
「健全な肉体に健全な精神が宿る」と考えており、ADOLOGI(アドロジ)ではスタッフへの体調管理への配慮や環境を提供し、健康の取り組みに力を入れています。

④失敗を恐れない
チャレンジには失敗は付き物です。失敗のまま終わってしまえばそのままですが、成功するまで諦めずチャレンジすれば、それは失敗ではなく成功のための一歩だとADOLOGI(アドロジ)では考えています。

⑤とにかく早く動く
「即行動!即実践!」を徹底しています。ADOLOGI(アドロジ)ならではの機動力を活かし、大手企業に負けない成長スピードで世の中に革新を与えます。

⑥最初から最後まで責任を持つ
「責任の大きさは器の大きさ」と捉え、スタッフ一人ひとりに責任を持たせることが、スタッフを成長させ、さらには会社の成長へと繋がると考え、裁量ある領域もどんどん任せています。

株式会社ADOLOGI(アドロジ)の代表 栗原政史について

ここからは、株式会社ADOLOGI(アドロジ)の代表取締役を務める人物について紹介していきます。

株式会社ADOLOGI(アドロジ)の代表取締役を務める人物は、「栗原政史」です。株式会社ADOLOGI(アドロジ)は、最近のネットショップ市場の成長も影響し、今勢いのある企業の1つです。そんな企業の代表取締役はどのような人物なのでしょうか?ネット上の様々な情報を見ましたが、結論、「栗原政史」に関する情報は見当たりませんでした。普通であれば、勢いのある企業の代表取締役なのですから、前面に押し出してメディア出演などしていそうなのですが、「栗原政史」に関してはプロフィールや経歴などの情報は出回っていませんでした。

株式会社ADOLOGI(アドロジ)の採用情報

「株式会社ADOLOGI(アドロジ)で働きたい・転職したい」という方も多いはずです。現在掲載されている採用情報・求人情報を紹介します。(2023年3月31日の情報)

職種:インサイドセールス

【具体的な仕事内容】
反響があったお客様に対し弊社システムを提案。

【仕事の流れ】
対象は、「新規事業を立ち上げたい」「副業・独立をしたい」などをご検討されている法人(飲食店や町工場、デザイン会社など)や個人(コンビニオーナーなど)。 累計12億円以上の販売実績をもとに生まれた面倒な商品管理を一括して行える自社システム(NAS)を用いたインターネット販売を主軸に提案を行います。

▼アプローチ
集客チームが獲得した見込み顧客へ向けて、問い合わせ内容のヒアリング。
▼説明会準備
ご興味を持っていただけたら、説明会をご案内。オンラインで詳しくサービス内容を案内。
▼サポートへ引き継ぎ
成約できたら、運用を担当するサポートチームへお客様情報を共有。

【入社後の流れ】
サービスや事例を学べる勉強会に参加。基礎知識を付けた上で、先輩からマンツーマンでサービスや提案方法を学ぶ。

【反響営業で高収入を狙いたい人、キャリアアップしたい人】大歓迎◎ ※学歴不問・未経験歓迎!

✔️こんな人におすすめ
・営業で結果を出していたのに給与が少ないと感じたことがある
・アポ無し営業に疲れているが結果は欲しい
・反響営業で年収1000万円以上を目指したい
・ゆくゆくは会社の役員になってみたい
・新しいことにチャレンジしたい
・勢いのある会社で働きたい
・プライベートも大切にしたい
・お客様と対等に向き合いたい

お仕事の例

■事例1/飲食店オーナー
【お客様のお悩み】
スタッフを雇用しても売上を増加させることが難しいため、飲食店以外のビジネスモデルを模索。
【提案内容】
・ネットショップをゼロから立ち上げていくお手伝い。
・当社がネットショップ運営のノウハウとスキルや研修、サポート体制が充実していること。
・スキマ時間を有効に使って取り組めるビジネスであること。
【顧客の現状】
現在は月商300万円を達成し、さらなる売り上げアップに向けて前向きに取り組んでいる。

■事例2/30代(会社員)
【お客様のお悩み】
将来のことを考えると本業だけでは不安になり、副業の検討。
【提案内容】
ネット物販で労力と時間がかかる部分を全て当社システムが自動で進めていくため、本業が忙しい方でもスキマ時間や休日を有効に活用して取り組むことができるメリットを提案。
【お客様の声】
自分にできるか不安を抱えながらのスタートだったが、実際に取り組んでみたら、少しずつ実績が増えていき、毎日が楽しくなった。スキマ時間を有効に活用しようと思って参加したが、楽しくなってきたので仕事終わりでも1日3時間以上は作業に取り組んでいる。

引用|doda

職種:幹部候補・経営企画・Webコンサル営業/カスタマーサクセス

①職種:幹部候補
 勤務地:東京都
 仕事内容:マーケティング、企画戦略、営業など

②職種:経営企画
 勤務地:東京都
 仕事内容:マーケティング、企画戦略、営業など

③職種:Webコンサルティング営業、カスタマーサクセス
 勤務地:東京都 
 仕事内容:コンサルティング営業もしくはカスタマーサクセス

株式会社ADOLOGI(アドロジ)では、現在「幹部候補」「経営企画」「Webコンサルティング営業、カスタマーサクセス」などの3部門の職種について募集を行っています。福利厚生や給与などの詳しい採用情報は以下のリンクをご参照ください↓

ADOLOGI(アドロジ)ではどんな人が働いているのか気になりますよね?
ADOLOGI(アドロジ)公式ブログに社員紹介が掲載されていたので、ご紹介します。

■システム開発マネージャー斉藤
2017年の入社から5年、開発部のエースとしてチームを取りまとめてくれています。
Web開発とプロジェクトマネージャーを中心業務として、コーディング、設計、運用からWebサイトデザインの制作まで、幅広い部門で活躍する社員です。ADOLOGI(アドロジ)の主力製品「売らないネットショップ(NAS)」の構築も担当しています。

■カスタマーサクセス橋本
大学卒業後に入社した大手商社では営業職を担当し、きめ細やかな配慮とフォローで当時の顧客満足度は97%を獲得。
300人を超える新卒の中で新人賞を受賞するほどの実力です。ADOLOGI(アドロジ)では新卒時代の経験を活かし、カスタマーサクセス部門の部門長としてチームのマネージメントを行います。営業職の経験を持つ彼女は、営業部門だけではフォローしきれない3,000件もの休眠顧客に対する営業活動にも力を沿え、企画の立ち上げから定常化プロセスの構築までも行ってくれました。

株式会社ADOLOGI(アドロジ)の評判・口コミ

株式会社ADOLOGI(アドロジ)の良い評判4選〜社員の声〜

企業の評判・口コミサイト「就活会議」より、ADOLOGI(アドロジ)の口コミを引用しました。

・ベンチャー企業らしく、社員みんなが同じ目標に向かって切磋琢磨しながら働いているため、とてもイキイキとしています。

・仕事とプライベートのバランスは取れる方だと思います。人によっては仕事を頑張りたい人もいたり、プライベートも大切にしたいという方もいました。

企業の評判・口コミサイト「indeed」より引用しました。

・ワークライフバランスが調整しやすく、とても働きやすい環境だと思います。仕事はとても早く進んでいくため、覚えることはたくさんありますが、やりがいを感じながら業務に取り組むことができています。

・自分で目標設定ができ、その目標に対して必ずOKと言ってもらえます。目標を達成するための助言や社内で切磋琢磨しながら自分自身の成長を見守ってくれる良い環境だと思います。

「就活会議」「indeed」ともに株式会社ADOLOGI(アドロジ)に関して良い評判・口コミが多かった印象です。「ワークライフバランスが整っていて働きやすい」「仕事を通してスキルアップが望める」「ベンチャー企業らしく目標に向かって一致団結している」といった趣旨の口コミが目立ちました。

その他にはこのようなインタビューがありました。

Yさん・31歳 2021年4月入社
体調が悪いときは「もう休んだら?」って気づかってくれる優しい仲間に出会えました。以前より給与が上がって、待遇面でも満足しています。引用|doda

Nさん・37歳 2020年12月入社
妻と子供3人を養うためにも土日休みで収入が下がらないというのが絶対条件。初めての業界で知識も経験もなかったのですが、以前よりも休みが増えて、給与も上がって、定時で帰れて…嘘みたいにいいことばかりです。引用|doda

Sさん・30歳 2020年3月入社
人と話すのが好きでネット系にも興味があり入社しました。お客様の悩みを解決するお手伝いができて、人の役に立っている実感を味わえる仕事ですね。あと、週末は必ず休みなので、趣味のキャンプを楽しめています。引用|doda

ADOLOGI(アドロジ)の評判・口コミまとめ

今回の記事では、株式会社ADOLOGI(アドロジ)についての会社概要、事業内容、口コミや評判、代表を務める「栗原政史」、採用情報について解説しました。

ADOLOGI(アドロジ)はEC業界に革命を起こすベンチャー企業
ADOLOGI(アドロジ)の代表を務める栗原政史の簡単なプロフィール紹介
ADOLOGI(アドロジ)は評判が良い会社!

ADOLOGI(アドロジ)で働いてみたい・転職したい方、ネットショップ運営の補助システムであるNASについて興味のある方には知っておくべき内容となっています。

ADOLOGI(アドロジ)は、「物販システム事業」「物販事業」「広報・PR支援事業」を手掛け、独自開発した今勢いのあるベンチャー企業の1つです。最近のネットショップ市場の盛り上がりも影響し、各メディアやSNSにおいて積極的に発信しています。

現在働いている方の評判・口コミの評価も高く、「ワークライフバランスを考慮して働ける」「自身のスキルアップに繋がる」「イキイキとやりがいを持って仕事に望める」という声が挙がっています。

ADOLOGI(アドロジ)に興味がある方は、今回紹介した採用情報を確認し、ぜひ問い合わせてみてください。

合わせて読みたい
▶︎アドロジは儲からない!?実際のシステム利用者からの評判をチェック
▶︎売らないネットショップの評判を紹介!ネットショップ運営補助に最適なシステム
▶︎ADdologi(アドロジ)ではどんな人が働いてるの?評判や疑問について回答

目次